まち旅 若旦那といく問屋街つれづれ歩き

「久留米まち旅」の問屋街つれづれ歩きに参加しました。(4月16日)
画像

問屋街近く 市役所前の久留米つつじが満開です。まずは市役所20階から市内を眺めました。

久留米藩の城下町に形成された360年余の歴史がある問屋街(中央通り)は、当時十二ケ町と呼ばれ、久留米商人の町として肩が触れ合うような賑わいの通りだったそうです。 JR久留米駅に近く伝統を受け継いできた商店街を新幹線開通を記念して「あきない(商いと飽きない)通り」として生まれ変わろうとしています。 通称「問屋街」と聞いていたのであまり関係がないように思って車で通過しておりました。今回まち旅に参加して商店の歴史に改めて驚いてます。

画像画像











集合場所は、創業95年を迎える「西原糸店」久留米絣のお店です。 お店に伺うと昔からの接待「安着の座」でおいしいお茶とお菓子を振舞われた。久留米絣の服や小物、日傘などが陳列され、「子どもの声が聞こえる町にしたい」と、昨年から店の一部に「駄菓子屋」もオープンされています。写真はタイトルの若旦那 健太君

画像画像











まずはJR久留米駅より歩いて4~5分の西から問屋街へ、角にあるのは田中鰻屋 8代藩主有馬頼貴が大層鰻好きで命じられて、文化元(1804)年創業した老舗、今や九代目だそうです。名物は「鰻の蒸籠蒸し」、ここはおいしいそうな匂いを嗅いで通過。 お隣の和菓子屋さん萬栄堂(明治2年創業)へ 先ほど「安着の座」として頂いた和菓子「水天宮恋ものがたり」を甘党の旦那様へお土産に購入した。

画像


明治42年滋賀から来たとお店の歴史等を話される「川島美光堂」の上品なご主人(写真右) 
八女茶の木屋本店ではおいしいお茶で一服 プール通いで週2回前を通りますが、180年の歴史あるお店とは初めて知り驚いてます。

画像呉服屋「蝶屋」は創業72年 
2階の展示場に通されて4代目の若社長の話を聞いた。
今度の東日本災害で昔風の在庫を持つ商売のあり方も一利ある。
また、最近のレンタル方式で親子代々物を大切に扱って受け継ぐ風潮が失われているのは淋しいと聞き、いろいろと考えさせられました。





画像

最後はレストラン「茶の華庵」でランチ 築100年になる優雅な洋風の建物は戦前 九州一の大きな本屋「旧金文堂」です。デザート付のおいしいランチを頂きました。参加者にはリピーターも数人おいでで、情報交換で話も大いに弾み楽しい雰囲気でした。
温かいおもてなしの伝統など日本の良さを受け継ぎ、商店街を活性化しようとする若旦那たちの熱いパワーを感じました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2011年04月25日 16:59
 こんにちは
>まずは市役所20階から・・・
 :そこからの眺めは私も以前に、ご一緒させていただきました!
>肩が触れ合うような賑わいの通りだったそうです・・・
 :近在から大勢の小売商の方々が仕入れに来ていたのでしょうね~ 昭和40年代まではそんな商売のスタイルでした。
>タイトルの若旦那 健太君・・・
 :ハイ いかにも今風の元気な若旦那です!
>4代目の若社長の話を聞いた・・・
 :正座で対応しているところが、いかにも呉服屋さんのイメージですね~
>デザート付のおいしいランチを頂きました・・・
 :これが狙い目だったのでは?熊本にも「金○堂」との書店が数店ありましたので、久留米の店名の流れを受け継いでいるのかも知れませんね!
>若旦那たちの熱いパワーを感じました・・・
 :そうですね~ 旧市街の商店街は客足が遠のいているので、いろんな企画をしないと生き残れないですね~ 是非頑張って欲しいです。旧市街地は昔の建物も残っているので、そんな情緒のある街並みを何とか後世に残してもらいたいものです。久留米の故郷・再発見、良かったですね~
2011年04月26日 08:50
おはようございます。
身近な「まち旅」での再発見に感動された場面が少なくなかったご様子で、参加された甲斐がありましたね!。(^^♪
それにしても伝統を受け継いだ長い歴史のある老舗のお店が幾つも軒を連ねているのには驚きました。
新幹線の開通を記念して「あきない通り」ですか~、さらに商いの対象が広がるといいですね。
>最後はレストラン「茶の華庵」でランチ 築100年になる優雅な洋風の建物は戦前 九州一の大きな本屋「旧金文堂」です。
:本屋の様子で都会度が分かると聞いておりましたが、九州の都会 福岡でも活字離れの影響なのでしょうか?
リピーターがいらっしゃるとは、若旦那たちの「まち旅」企画の思惑を超えた成果でしょうね~(笑)
記事を拝見していて、わが町でもこのような企画がされたら是非参加しようと思いました。
つくし
2011年04月26日 15:06
時さん こんにちは、
早速にコメント有難うございます。
静岡でもひどい余震があったようで、遅ればせ場がらお見舞い申します。
今は大丈夫ですか。
市役所20階からの眺め 今は新幹線が走ってます。
九州新幹線開業のCMをYouTubeでご覧になったそうで、3月12日の開通を祝っての行事の一つで、大層盛り上がっておりました。久留米は高架で映るには船小屋、鳥栖辺りまで出かけなくては写りません。
開通前日の駅構内の飾りつけ作業も突然中止内となり、災害で全線祝賀行事が取りやめられました。
金文堂の番頭さんが九州一円でのれん分けしてお店を出したと聞いてます。
久留米は、8月11日に大空襲があって街大半が焼け野原となりました。当時小学2年生でよく覚えております。
考えてみれば、問屋街も戦後再び復興した街です。
>是非頑張って欲しいです。…
有難うございます。みんなでがんばりましょう
つくし
2011年04月26日 15:50
ロボットさん 
こんにちは、コメント有難うございます。
関東地方も度々の余震、お見舞い申します。
昨年のまち旅で「筑後子守歌」に出会いました。今年は我が家から近い街の事を知りたくて、又企画的に私の足でも大丈夫と参加しました。再発見できて有意義でした。
「旧金文堂」では参考書など買った思い出があります。近年本屋さんの形態も変わりましたね。私はアマゾンで購入することも多くなりました。
久留米ではレストランも「金文堂」あとの方が通じます。余談ですが「旧金文堂」の娘さんはフミヤ君のお嫁さんです。 
「トロのミニ扇風機」かわいいですね。いろんな発掘がお上手九州も玄海原発が停止中で夏の電力事情が怪しいようです。そこで思うのですが、節電と合わせて各電力会社の現在の使用電力をテレビで提示して危険区域になったらみんなで一層節電するというのはいかがでしょうか?
主婦のたわごとお笑いください。 

2011年04月26日 17:21
再びです。
>・・・近年本屋さんの形態も変わりましたね。・・・
:なるほど、、そうですね!、電子書籍の出現などもあり、ますます形態が変わりますね。
>「旧金文堂」の娘さんはフミヤ君のお嫁さんです。 
:そうなんですか~、、特ダネです!(笑)
>「トロのミニ扇風機」かわいいですね。・・・
:ありがとうございます。笑われなくてホッとしました~(笑)
>主婦のたわごとお笑いください。
:実は、東京電力は Yahoo!JAPAN に対して、現在の供給電力量と使用電力量を開示しているようで、Yahoo! のHPには、毎時更新された使用率が表示さ80%以上になるとグラフの色が変わるようになっています。
これをPCではなく、テレビで表示するのは主婦ならではのグーなアイディアだと思います。
笑うどころではありません。(^^♪
つくし
2011年04月27日 22:19
ロボットさん こんばんは、
再度お越し頂き有難うございます。
先日スマートホーンとはの講習会を参加している会で受けました。便利そうで欲しくもありますが、私にはちょっと使用料がお高いようで!
電子図書も触ってみました。文字も拡大出来て魅力もありますが、本への愛着もあって、さてこの先どのようになっていくのでしょうか?
東電の使用状況グラフ等を見てまいりました。
このような開示があるのですね。使用状況が視覚に現れると判りやすいです。
いろんな対策をとって危機を乗り越えねばなりませんね。
>グーなアイディアだと思います。…
有難うございます。
2011年05月03日 11:28
お早うございます。
なかなか楽しい企画でしたね。
それに積極的に参加された姿勢が素晴らしいのと体調も良かったのでしょうね
久留米市のように歴史のある町には、それぞれの時代に人々の生活を
支えてきた商店や商売があり、長年努力して生き残ってきたのが老舗と
云われるんでしょうね。
でも地方都市のお店が生きていくのはタイヘンですよね。
つくし
2011年05月03日 16:33
有縁千里さん 
こんにちは、コメント有難うございます。
まち旅は春・秋と沢山の企画がありますが、その中から私でも参加出来興味あるものを選びました。この問屋街歩いて10分程の所ですが、どのお店も初めてでした。
「水神」の五庄屋が有馬のお殿様に陳情に行った時泊まった城下町はこの辺りだと本を読んだ頃からいっそう興味深く感じました。
>でも地方都市のお店が生きていくのはタイヘンですよね。…
本当にそうですね。想定外の災害・事故も起こり世の大きな変化の中での暮らしは大変、まして私など歳を重ねての体調の大きな変化にも参ってます。
2011年05月06日 12:51
こんにちは~
市役所20階から~チョツトビックリ~高いところからいい眺めなんで
しょうね、
>久留米藩の城下町に形成された360年余の歴史がある問屋街~ 
:久留米市は商人で栄えた大きな街なんですね、新幹線が開通して
これからどんどん賑やかな商人の街に変っていって欲しいです。
>和菓子「水天宮恋ものがたり」を甘党の旦那様へお土産に購入~
:つくしさんの優しい気くばりに(*^-^)ニッコリ~♪ですね。
今は呉服屋さんのお店が少なくなり見かけなくなりましたが、
今でも若社長の和服姿で接客する様子は歴史が感じられます。
身近な街のことは私も意外と見落としていますが、まち旅~
こんな企画をして下さると新しい発見で楽しいですよね。
>最後はデザート付のおいしいランチを頂きました、
:そうですか何処へ行ってもチョツトお休みして頂く、これが又、
ご馳走やおしゃべりも楽しいですよね。



つくし
2011年05月07日 12:37
ひまわりさん 
こんにちは、コメント有難うございます。
久留米藩は、丹波国福知山藩の大名であった有馬豊氏がなり、商業の街として大いに栄えたそうです。
先日娘一家が新幹線で久留米駅に降り立ち帰省しました。
この連休、九州は新幹線効果があったそうですが、
久留米には如何程とちょっと気になるところです。
高級な和服地で目の保養もさせて頂きましたが、
最近は着物を着る機会もめっきり少なくなりました。

>ご馳走やおしゃべりも楽しいですよね。…
そう!女性にとっては何よりの活性化ですね。
ひまわりさんも親友とのお芝居観賞 
豪華キャストで大いにお楽しみでしたね。



hotomeki
2011年05月13日 20:31
はじめまして。
私は久留米まち旅博覧会のお手伝いをしています。
問屋街のプログラムにご参加ありがとうございました。
もし良ければ、「久留米まち旅オフィシャルブログ」で、
参加者のブログとして、つくしさんのエントリーを紹介させて頂けませんか。
どうぞ良いお返事をよろしくお願いします。
http://hotomeki.blog68.fc2.com/
つくし
2011年05月14日 17:04
hotomekiさん、ようこそ
まち旅ではお世話になりました。
お陰様で問屋街の歴史等も分かって和気あいあいと大いに楽しませて頂きました。
あれから鰻の蒸籠蒸しのお持ち帰り、和菓子、絣のストールなど買い求めましたよ。
春・秋と沢山のバラエティーな企画お世話様です。体調に合ったまち旅を選んでまた参加したいです。
拙いこのblogでお役にたてばどうぞ、うれしいやら恥ずかしいやらです。
よろしくお願いいたします。
hotomeki
2011年05月14日 20:42
つくし様、さっそくのお返事、ありがとうございます。
では、では。
つくし
2011年05月17日 22:04
hotomekiさま こんばんは、
「2011年春の久留米まち旅博覧会/実施レポート」に
伺いました。
有難うございました。

この記事へのトラックバック

  • ネットで「まち旅」検索してみた! PART III

    Excerpt: 2011年春の久留米まち旅博覧会/実施レポート ネットで「まち旅」と検索してヒットした参加者のブログをご紹介する第三弾! まずは、この春もたくさんのプログラムに参加してくださった 朝倉2号さん.. Weblog: 久留米まち旅オフィシャルブログ racked: 2011-05-14 20:59