つくしんぼ

アクセスカウンタ

zoom RSS 寺宝展&若冲

<<   作成日時 : 2013/02/23 15:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

有馬記念館と石橋美術館で雪舟・等伯・宗達そして若冲の寺宝展を鑑賞しました。
(第一部1月12日〜2月8日  第2部2月9日〜3月10日)

画像日本の美術を代表する京都の相国寺・鹿苑寺(金閣)・慈照寺(銀閣)と大光明寺(相国寺の塔頭寺院)の貯蔵品から「カラー・モノクロ」、「中国・朝鮮・日本」というキーワードにそっての作品の展示です。

一部、二部と二回に分けて、二ヶ所で開催されました。
一部は2月2日友達グループと、二部は夫と19日に出かけました。
有馬記念館はJR久留米に近い、江戸時代の久留米藩、約250年間を治めた有馬氏の居城跡で久留米城跡(篠山神社)にあります。

画像


南宋時代の「松下眺望山水図」夏珪 墨一色で描かれている水墨画、金地を背景に萩の葉を幻想的に描いた長谷川等伯の「萩芒図屏風」、素地に酸化鉄の粘土を塗って発色した楽長次郎作「赤楽茶碗名天狗」等々約70点を楽しみました。
今回特にお目当てだったのは若冲です。何時だったか写真で見た若冲の「動植採絵 群鶏図」の題材、構図、色彩のモダンさに驚き、ぜひ若冲の作品を観たいものだと思ってました。

画像2日石橋文化会館で、 同志社大学 狩野博幸教授(日本近世美術史)の伊藤若冲についての講演を聴く事が出来ました。
京都国立博物館に在職中の2000年、「若冲展」を担当 若冲ブームを仕掛けた先生だそうです。
若冲は京都錦小路の青物問屋に生まれ23歳で家督を相続、40歳で家督を弟に譲って画道に専念している。所謂ブルジョアで、高価な中国の画材をふんだんに使用しているので、作品は現在も鮮やかな色が残っている。
又師匠を持たず派閥にも属さなかったので独特の作風につながったとの見方等、人物像や作品・時代背景等の解説を聞きました。
「動植採絵 群鶏図」等が宮内庁三の丸尚蔵館となっている事を不思議に思ってましたが、明治政府の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって相国寺は危機に陥り、宮内庁に献上し、見返りの下寄付金1万円によって寺地が回復したのだそうです。

← 講演中の狩野先生(A新聞より)
↓カタログの写真より

画像

               伊藤若冲 「釈迦三尊像」 江戸時代 相国寺(各縦210p〜横111cm)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます
>若冲・・・
 :数年前、どなたかのブログで、この若冲を”じゃくちゅう”と読むことを知りました。象が登場していますが、実際に長崎経由で京都までやってきたのでしようね〜 でも象の鼻の皺の方向が縦皺なので、実際には見ていなくて、聞き書きで描いたのでしょうか? 重箱の隅的で申し訳ありません。
>構図、色彩のモダンさに驚き・・・
 :本当に細かく描写されていますね〜 ただただ驚くばかりです。
>明治政府の廃仏毀釈・・・
 :各地で破壊活動がすさまじかったともれ聞いています。大事な文化財が残って良かったと思います。

2013/02/24 08:58
時さん
こんにちは、早速のコメントを有難うございます。
1716年生まれの若冲ですから、1728年長崎に上陸して江戸へ向かった象を、京都で子供の時、見た事も考えられますね。
「動植採絵 群鶏図」は宮内庁貯蔵で今回は観られないのが残念でした。
小説「水神」で庄屋たちが堰を造る事を願い出るために筑後川を下って殿様を訪ねます。お城はこの有馬記念館がある久留米城跡でした。
時さんをご案内しなかったのが残念です。
つくし
2013/02/24 15:14
 おはようございます 再びです
>1728年長崎に上陸して江戸へ向かった象を・・・
 :そんな記録が残っているのですね〜 以前、司馬遼太郎さんの本で、幕末に大阪の薬屋が象を広告塔にして、大評判になったと聞きましたが、それ以前にも日本に上陸しているのですね!
>小説「水神」で・・・
 :今、図書館に予約していますが、楽しみにしています。

2013/02/25 08:07
時さん
こんばんは、再度のコメント有難うございます。
象は、8代将軍吉宗が「象が見たい」と言ったので
ベトナムから運んできたそうですね。
長崎街道を通り、関門海峡は船に乗り、
京都では、天皇や法王に謁見したとの事です。
パンダが来た時よりももっと驚きだったことでしょう。
司馬遼太郎さんの「街道をゆく」随分読みました。
でも、全部ではなさそうです!
つくし
2013/02/25 20:27
こんばんは。
 若冲は、私もなるべく見逃さないようにいろいろ観に出かけます。
 一度、琴平宮に出かけるのが目標ですが、歩けるうちに出発したいものです
 ^^;;
リセット
2013/02/26 17:14
リセットさん
こんばんは、気持ち玉も有難うございます。
お邪魔しても私の気持ち玉はログインができないのです。
どうしてなのでしょう?
大宰府には国立博物館があり、大きな美術展が催されますが、
人ごみが苦手の体調になり、今回は小規模の美術展で手頃でした。
琴平宮は長く続く参道の石段が有名ですね。
若い頃 栗林公園なども回って行った思い出があります。
どうぞ思い立ったら吉日 お出かけ下さい。
blog 楽しみです。
つくし
2013/02/26 22:19
つくし姐さん
お早うございます。
一昨年でしたか?若冲ブームが起きた折、私も波に乗って、若冲作品総本舗の相国寺へ出かけました。動植綵絵全部が展示されたので、それはそれはスゴイ人でした。入館するまで2時間あまり、暑い時期だったので疲れに出かけたようでした。
別件、うちのカミさんが友人と福岡へ行くのですが、3月4日(月)に柳川から福岡への帰途に
久留米で下車し、銀のすぷーんに立ち寄ることにしたようです。昨日も心ちゃんと懐かしそうに電話で話しておりました。
又別件ですが、久留米絣のオカモト商店(日吉町)って御存知ですか? 過日、大阪の阪急デパートのイベントに出展されていた際に、専務さんと家内が出会いました。久留米の話題に花が咲き盛り上がったそうです。この専務さんと濱田哲さんが酒飲み友達なんだそうです。世間はいろんな繋がりがあるもんですね。
私も行ければ、筑紫さんに必ずお声をかけさせていただくのですが、今回は残念ですが。
有縁千里
2013/03/01 10:17
有縁千里さん 
こんばんは、コメント有難うございます。
相国寺で、動植綵絵全部をご覧でしたか。
さすがは地元ですね。うらやましい限りです。
奥様がお友達と九州へご旅行で いいですね。
柳川は今 雛祭りさげもんめぐりで賑わっております。
濱田哲さん? 一瞬どなたと思いました。
銀のスプーンは濱田さんとは聞いておりましたが、、、
社長さんですね。
久留米絣を使ったブランド儀右ヱ門の日吉町は街の中心ですが、駐車スペースが少ないなど、人の流れの変化でいろいろ問題を抱えてます。
濱田さんやオカモトさん達で街の活性化に取り組んでおいででしょう。
この所、ケーキにご無沙汰でした。近いうちに私も訪ねてみましょう。
お二人でお越しの折にはぜひ声をかけて下さいませ。
つくし
2013/03/01 22:17
前記事に追加コメントをしようと思ったら、受け付け終了でしたので、こちらに。

一本の木、富澤先生バージョンは出てこなかったのですが、YouTubeで検索していたら、2010年に私がウィーンの楽友協会に出た時の姿が出てきました。歌っているのは、コカリナの黒坂黒太郎さんの奥さんで、周美さんという方ですが、通訳の方の後ろくらいに立っているのが私です。まあ!(笑)
yu_mama
2013/03/09 00:10
yu_mamaさん
見ました!youtubeでウィーンでのコンサート、
「一本の木」を赤いロングスカートの矢口周美さんが歌っておいでのバックにyu_mama さん発見
通訳の方がドイツ語で訳詩されているのですね。
blogで拝見したウィーンへのコンサート旅行記思い出しました。
友人は先生の病気で延期or中止?になったようです。
今嵐のふるさとをミクちゃんに歌わせてます。
ふるさとと言えば私共には「うさぎ追いし」ですが。
つくし
2013/03/09 22:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
寺宝展&若冲 つくしんぼ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる