つくしんぼ

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「ソルハ」

<<   作成日時 : 2012/11/15 22:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

ソルハとはアフガニスタンのダリ語で「平和」の意味だそうです。

画像この本も孫のS子の紹介です。電話で「ソルハ」と聞いても「それ何? 
メールでタイトルと著者名送ってよ」と頼んだら、作者不詳です、(正直に言うとわからない)との返事。
検索すると、精神科医でもある帚木蓬生(ははきぎ・ほうせい)さん。
S子はとっても感銘を受けたとの事でしたが、名前が難しくて覚えられなかったのだろう!
「ソルハ」は2011年 第60回小学館児童出版文化賞です。

物語はアフガニスタンに暮らす少女ビビが小学校に入学してから15歳になるまでを中心に語られます。
1996年9月、アフガン政権が崩壊し、タリバンが首都カブールを制圧する中で家族や友人、教師らとの人びとの清廉な生き方を述べている。又アフガニスタンの自然や文化・歴史も知ることができる。
ニュースで見聞きする中近東問題、アフガニスタン、イスラム教、タリバン、アルカイダ等々はなかなか理解ができません。子供向けにやさしく書かれたこの本は解り易く、あらためて平和について、自由について考えさせられました。

終戦から67年戦争のない平和な日々が続いている日本ですが、最近は尖閣諸島や竹島問題で政治が一歩間違えれば大変なことになるのではと心配なご時世です。
著者はこれからの21世紀、自分の国だけが平和であり続けることは不可能ですと結んであります。

又あとがきに述べてある著者と福岡県うきは市フルーツの里でカブール大学からの農業研修生との出会いは印象的です。この里は「水神」の舞台ともなった近郊です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます ちょっと出かけていまして、遅くなりました。
>精神科医でもある帚木蓬生(ははきぎ・ほうせい)さん・・・
 :珍しい名前なので考えていましたら、最後の方で紹介がありましたね〜 つくしさんが以前に紹介した「水神」の作者でしたね。
>終戦から67年戦争のない平和な日々が・・・
 :確かに”平和ボケ”の中で、育ち生活してきました。世間のせいにするつもりはありませんが、日本全体が世界各地の戦争は自分らに関係ないとの風潮でした。
>自分の国だけが平和であり続けることは不可能で・・・
 :そうですね〜 私もノンポリ的な考えをしていましたが、外交問題はそんなに友好的で、生易しいものではないことを、今回の尖閣諸島問題で知らされました。 今度の総選挙で民意がどんな方向に選択されるでしょうか?私も考えて投票したいものです。
 以前紹介いただいた「社会の真実の見つけ方」図書館になかったので、それっきりになってしまいました。

2012/11/17 09:36
時さん こんにちは、
いつもお早いコメントを有難うございます。
孫も帚木蓬生さん作を読むとはと思いながら、
共通の話題に読んでみようと図書館へ依頼、ひと月程待ちました。児童向けに字も少々大きめで優しい文章です。
あとがきの後半に、アフガニスタンの歴史や戦争の経緯 現状についても述べてあり、ぜひ大人にも読んでほしいと書いてあり、同感してUPしました。

急な解散で年内総選挙となりましたね。
選挙を棄権したことはありませんが、今回我が地区に投票したい候補者がいないようで悩んでます。
つくし
2012/11/17 13:52
こんばんは、
目まいの後のお身体の調子は如何でしょうか?

お孫さんと共通の話題でお話し出来て楽しいでしょうね
アルカイダ、アフガニスタン、タリバンなど悲惨なニュースを
今夜も見ながら、戦争のない平和な日本でぬるま湯に浸かった
様な生活してますとなかなか理解が難しいです
「ソルハ」この本は子供向けにやさしく書かれた本と言うのが
うれしいですね読んでみましょう。ありがとう〜

尖閣諸島も毎日のように報じられていますが
海外現地で働く人の話では新日関係のいい都市では人間関係は
大変良いそうですが、、国を動かすのは政治家ですものね、
来月は総選挙になりましたね、孫達の未来が良くなる事を願っ
て投票に行ってきますネ 
何時も気持ち玉有難うございます(*^^)v
ひまわり
2012/11/18 21:16
ひまわりさん 
こんばんは、コメント有難うございます。
>目まいの後のお身体の調子は如何でしょうか?…
ご心配をおかけいたしました。
14日循環器を受診して先生に報告したところ、めまいの後自分で対処出来たら一時的なまめいだから、特に心配はないとの事で ほっと致しました。

パレスチナで空爆により爆発が発生した様子が報じられてます。私共は戦争の恐ろしさを記憶しておりますが、戦後生まれの若い人々はドラマの世界でしょう。いろいろな形で平和の大切さを伝えねばなりませんね。
沢山の党が乱立して混乱状態、孫たちの未来の為にもよく考えて投票に行きます。

ひまわりさんは姪御さんと京都の時代祭を見物、翌日は観光めぐりとお楽しみでしたね。私も修学旅行や友人と何度も京都を訪れましたが、振り返ってみれば祭りの見物はしておりません。残念ですがもう無理です!
つくし
2012/11/19 21:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「ソルハ」 つくしんぼ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる